陰茎増大手術後に激しい痛みや違和感があったらすぐに病院へ

陰茎増大手術を受けた術後の痛み

陰茎増大手術をして、無事終わったと思ったら激しい痛みや違和感に襲われてしまうということもあります。これは、ペニスが普通の部分よりもデリケートにできていて少しの刺激にも敏感に反応してしまう、というのが理由でもあります。

例えば、朝の勃起は自分でやめるということはできませんし、ちょっとした性的刺激でも勃起してしまう人はその分痛いと感じることが多くなります。普通の手術であれば、安静にしていれば治る所ではありますが、陰茎増大の手術はペニスが安静にするのが難しいという部分では注意が必要です。

痛みに悩まずに済む方法は、痛いと感じる前に違和感が少しでもあったら病院に問い合わせをすることです。起こりえる副作用などはカウンセリングで聞いているはずですが、それでも何かおかしいと感じたら、すぐに病院に連絡をするのがおすすめです。術後すぐから勃起をするような興奮を感じないとも言い切れませんし、痛みを防ぐためには早期の対応が必須となります。

陰茎増大手術で痛いと感じる理由

陰茎は、男性の体の中でももっとも敏感な部分と位置付けられます。そのため、性的な興奮で大きくなることがあるわけですが、それが術後にはあまりよくありません。もちろんオナニーなどはしばらくは自粛するように言われますが、刺激を与えなくてもたってしまうということはあります。

そうすると、痛いと感じることがあるので注意が必要です。なるべく外出を控えたり性的な興奮をするようなことを目にしたり耳にせずに、安静にすることで陰茎増大の術後の痛みから早く解放されることが出来ます。

陰茎増大の手術は、当事者にとってはようやく訪れた悩みからの解放でもありますので、術後の困難に直面しないためには刺激をなるべく与えないことです。陰茎増大をして、安静にしていても痛いときにはすぐに病院に連絡をするのがおすすめです。そう考えるとはじめからアフターフォローのある病院を選んでおくと、術後に痛みが出た時も安心です。

まとめ

陰茎増大の手術は、術後の痛みに悩まされることがあるので注意が必要です。男性の性器は、刺激によって勃起すると痛みが増してしまいますので少しでも違和感があった時には、すぐに医療機関を受診しましょう。

陰茎増大の手術をしている医療機関は、アフターフォローをしているところを選ぶのも重要です。連絡をしてすぐに処置をしてくれるクリニックなら、痛みや違和感が出ても安心です。敏感な部位ですので、直後は違和感が出ることがあります。