陰茎増大手術後は痛み以外にも我慢することがある

陰茎増大手術後はマスターベーションの我慢も必要

陰茎増大手術は、することによって長年のペニスのコンプレックスから解消されることが出来るメリットがあります。一方、陰茎増大手術には痛みがつきものでその痛みに悩まされることもあるので注意が必要です。

そのほかには、術後は勃起をすると痛みがでてしまうのでペニスを安静にさせるという意味でも、オナニーは我慢しなくてはなりません。マスターベーションだけではなく、性的刺激や興奮するようなことも避ける必要があります。

ペニスの勃起は自分でコントロールするのは難しいので、興奮するような要素と触れること自体を我慢することになりますが、一時的なものです。術後にペニスを安静にすることで、陰茎増大手術の効果を最大限にすることが出来ます。

毎日自慰行為をしている男性にとっては、これはつらいことかもしれません。しかし、それを乗り越えれば自分に自信を持つことが出来るようになりますし、痛い思いをするよりはずっと良いといえるでしょう。

痛いと感じるのを防ぐために

オナニーを禁止しなくてはならないのは禁欲自体が目的ではありません。痛い思いをしないための、プロセスということが出来ます。そのくらい、陰茎増大を夢見ている男性にとっては大したことが無いと思うかもしれないですが、自然現象で勃起してしまう事があるので注意が必要です。

傷を休ませるためにも、できるだけペニスを安静にしたほうが回復は早いですし、痛いと感じることも少なくなります。そのために、意図的にオナニーをするのは自粛すべき重要な時期です。しかし、例えば麻など無意識に勃起してしまう事はあります。

術後すぐにこういうことがあると、さすがに痛いと感じることがありますし違和感を覚えることもあるので注意が必要です。なるべく性的な刺激を避けて、ペニスをそっとしておくことが陰茎増大のアフターケアには重要となります。トレーニングで増大しようとしていた時とは異なる対応ですので、気を付けるようにしましょう。

まとめ

陰茎増大の手術をすることで、性生活が楽しくなりますし自分に自信を持つことが出来るようになります。しかし、術後は傷がまだ回復していないのでセックスや自慰行為は我慢しなくてはなりません。

つまり、ペニスに対する刺激をするのはしばらく自粛する必要があります。そうすることによって、傷の回復も早くなりますし、増大手術の効果がきちんと出るようになるのでお勧めの方法です。痛いと感じるときも、触らないようにしましょう。